脳神経外科医のがん闘病記 寛解までの記録 

進行がん ステージ4でも怖くない

 

2017年11月

 

 多発転移から5年目に入った今、

 生きている証として、

 闘病記を出版した。

 

      

 

 

 ステージ4から寛解をもらうまでの道のり

 私は、自分が病気になる前から、抗がん剤治療の矛盾に気付いていた。がんで死ぬより、抗がん剤の副作用によって殺されたと思われるケースを見てきたからだ。 特に70歳以上の高齢者に処方される抗がん剤の標準治療は、副作用が薬効を上回っているケースが多いように思う。これは、私の推測だが、そもそも抗がん剤の効果の有無を調べる治験は、70歳以下の若い層を対象に行われてきた。ところが、今や全てのがん患者の6割が70歳以上と言われている。人も高齢化したが、がんも高齢化した。したがって、70歳以下の標準治療を、70歳以上に適用するのはどだい無理がある。私は、標準治療の量を減らして処方するのが常識と思っている。ところが、入院前、事前に低用量を依頼したが標準治療の処方を受けた。ここから、抗がん剤による腎障害である血液中のナトリウム(塩分)が腎臓から漏れて体が塩分不足になるという生活が始まった。ステージ4から、とりあえずの寛解に至る道のりは、長くしんどかった。

 

1. 睡眠

  早寝による睡眠を確保した。良質の睡眠は、腸管免疫を元気にする力があるから。

 

2. 筋肉を保つ

毎日ラジオ体操の後、1時間のウォーキングにより、筋肉を保った。筋肉から、がんを抑えるホルモンが出ているという説を信じているから。

 

3. ゲルソン食療法

毎日2Lの野菜ジュース、肉、魚、乳製品、牛乳などのたんぱく質を絶ち、断塩に向け、癌の住みにくい体質に変える努力をした。このため、体の塩分が少ない低ナトリウムとなり、まっすぐ歩けなくなった。

 

4. リンパ球を維持する

抗がん剤治療中、白血球に含まれるリンパ球を、1000個以上に保った。

 

5. 低用量の抗がん剤

私が選んだのは、標準治療の半分量以下の低用量抗がん剤治療だった。しかも、古くて安い薬ばかり、新薬ではなかった。

 

6. タイムリーな治療

粒子線、リニアック放射線、抗がん剤動注をタイムリーに行った。

 

7. これから

尿管癌という超悪性癌、このまま治まることはない。いつかは残った腎盂尿管、膀胱への再発が予見される。最低限、簡易ゲルソン食事療法は継続し、定期的検査に心がけたい。

ステージ4からの出発 患者として、医師としての葛藤

 2010年6月、アップダウンの強い往復40kmのサイクリングに挑戦した。祝杯のビールの後、トイレで真っ赤な血尿にびっくりした。慌てて受けた検査結果で尿管がんと診断。早めの手術と抗がん剤による化学療法を勧められた。妻の7回忌を済ませた直後の発病であった。三度の食事にすら大変な独居老人にとって、がんと戦えるのか、疑問と不安がいっぱい。結局のところ、自分は無治療を選択した。医師仲間から、君はどうかしていると叱責されたが、自分の選択の間違っていることを認めつつ、生きたくないパワーのまま時間が経ち、リンパ節転移が始まった。


 2013年5月、大学で腎臓、尿管、一部膀胱、リンパ節郭清の手術を受けた。

 

 2013年6月、迷った末に、抗がん剤治療を受けることにした。1回目の3剤の抗がん剤GCP治療は受けたが、2回目の点滴治療は受けず自己判断で退院した。

 

 2013年8月、肺転移、骨転移が判明した。

 

 2016年2月、新しい主治医のもと、3年の闘病を経て、とりあえずの寛解をもらった。

 

 2018年1月、寛解をもらってから約2年、再発の不安を感じていた。

大田こうすけ

やはり膀胱に再発 ブログを再開した

2018年1月1日

発病当時、リンパ節転移した尿管癌の生存予後について調べたところ、5年生存率ゼロを知った。その後、2年生存率10%以下という厳しい数字を見つけた。転移尿管癌で私の生存は珍しいと泌尿器科医師の間で話題になっているようだ。先月受けた定期的な尿細胞診と膀胱エコー検査では異常なかったが、いずれ、このままでは済まないのはわかっている。

 

2018年1月16日

新年早々悪いニュースが入ってきた。私と同じ民間病院の創業者、一昨年の9月、彼の病院に見舞った時、自分はゲルソン食療法により、がんの住みにくい体質に改善していると話した。しかし、彼は、アメリカにおける、ゲルソン食を否定するアンドリュービッカーズの数行のレポート、「代替医療はもはや未証明と批判されるのではなく、無効だと反証済みの医療だと非難されるべきだ」を引用し、私のアドバイスに否定的な反応をした。私は、急いでまとめた自分の闘病ブログを持参していたが、渡さずに帰った。残念なことに、9か月後、彼は脳転移を起こしていた。

 

2018年1月22日

あしかけ8年、通い続けた画像センターでPET検査を受けた。今回で9回目ですと言われ、そんなになるのかと驚いた。結果は異常なく、次の検査は1年先で十分、ただし膀胱への再発はPETでわからないですよと告げられた。私が一番気にしているのは膀胱だ。久しくしていない膀胱内視鏡検査が頭をよぎった。

 

2018年2月

電話が鳴ることはめったにない。その珍しい電話が鳴った。広島の原田康夫先生からだった。

あなたの闘病記を読んだ。109ページにほっとけの歌の作曲公募とあったので、早速作ってみたので、これから歌うからと、86歳になられる現役テノール歌手は、朗々と歌って下さった。あまりに嬉しく、東広島の友人山名と6年ぶりに広島を訪ねた。3人でフグ料理を食べながら、いつもながらの先生のご高説を拝聴した。

 


2018年2月

今朝もいつもながらのニンジンジュースと手作り朝食

オートミール、野菜・昆布スープ

ししゃも、自宅ハウスで育てたバナナ、宮古島アロエベラジュース

  

 

今日は水曜日、来客の多いこと。なかでも長年の遊び友達が余命1年の肺がんになったと訪ねてきた。化学療法3クールを受けていると言う。今、肺がん治療は大きく変貌し、昔の余命の基準は合わなくなっている。彼は大丈夫と思っている。

 

2018年3月

元気だった友人から突然手紙をもらった。私の驚きは言葉にできない。

『 この数日はひゃっと、暖かい日が訪れてきたようで、春の兆しを感じています。

お聞き及びと思いますが、少し早く退職し、郷里の福岡に転居いたしました。

今年2月中旬、体動時に動悸を感じ病院を受診、胸部CTを撮ったところ、右肺に胸水が貯留していると言われました。入院し、CT検査を受けたところ、胸膜播種を伴うステージ4の肺癌と告知されました。動悸程度で、他に何の自覚症状がないままの一気にステージ4の告知を受け、青天の霹靂、もう頭が真っ白になり、とりあえず親戚の多い福岡で治療を受けるべく、急ぎ帰郷いたしました。先生にはご挨拶もせず大変失礼したことをお詫びいたします。

先生の書かれた、進行癌ステージ4でも怖くないを、昨日一気に読ませていただきました。2010年からの闘病の詳細を知り、これまでの治療法の選択に対して葛藤されたご様子や科学的根拠と探求心に基づいた食事療法や日常生活上の精神状態の重要性など、とても参考になりました。

私は、九州がんセンターで治療を受けることにいたしました。私の生検の組織所見からは、保健で現在認可されている免疫チェックポイント阻害剤は使用できないと言われ、検討中の治験に入れるかの検査待ちの状態です。私は進行癌の説明を受けても戸惑うことばかりです。先生の本に出てくる光畑先生に、昨日、藁をもつかむ思いで直接電話いたしました。とても詳しく説明していただき、肺がん治療の化学療法、薬物療法の日本の現状のみならず、世界の先端の治療はここまで来ているという状況を一気に説明していただき、大変心強く感じました。大田先生にも、今後の闘病中にご質問などさせていただきたいと思っております。よろしくお願いいたします。

 

追伸:私は今九州がんセンターに入院しています。免疫チェックポイント阻害薬アテリズマブの治験に入れるかどうか結果待ちです。治験に入れなかったら従来のシスプラチン+ジェムザール治療になります。治療方針が決まりましたら改めて光畑先生に連絡してご意見を伺おうと思っております。今後どのような状況になるか不安ですが、落ち着いたらまたご連絡したいと思っております。気にかけて頂き、感謝の言葉もありません。ありがとうございます。』 

 

 

2018年4月

尿細胞診異常なし、膀胱エコー検査異常なし、この度も膀胱内視鏡検査は見送りとなった。

 

がんを抱えた高齢者は夏に体調を崩す人が多い。冬、私は寒風の中、粉雪が舞っていても歩いて通勤できるが、真夏に傘を差しても猛暑の中を歩くのはきつい。一昨年も、昨年も、夏の暑さ対策には腐心した。今年はネットで敷地90坪、小さな中古の別荘を安価に買うことができた。大山山麓にある築数十年経つが、歳月を感じさせない美しい木目のある、ホンカのログハウス。写真では大きく見えるが、ダイニングキッチンと6畳の間だけの13.8坪。空調がついてないのは、夏涼しい証拠。真夏は大いに活用したいと思っている。

 

2018年5月

お借りした畑にハウスを建て2年目になる。ゴールデンウィークは、マイハウスの手入れをした。バナナ、マンゴー、パパイヤ、ピタンガ、アセロラ、アボカドなどを育てている。今はイチゴ。孫や知り合いの人たちが採りに来ても、毎日毎日食べれないほど成る。イチジク、マクワウリ、スイカ、トマト、トウモロコシなど、ぐんぐんと成長していく姿は、見て楽し、育てて楽し、食して最高。

 


越冬したバナナ

マンゴー


2018年5月

最悪のニュースがやってきた。大学卒業後すぐから私のもとで研修し、27年間共に働いてくれた大切な後輩の優秀な脳外科医が闘病わずか1年、61歳、膵臓がんで急逝した。とても寂しくなった。

 

5年前、私が多発転移した時、彼の自宅訪問後に彼に出した手紙が残っていた。 

昨日はお休みのところを突然お邪魔しました。私は2週間前に多発転移が分かり余命宣告を受けたので、佐藤君には是非会っておきたかったのです。お二人のお元気な姿を拝見し安心しました。私は病を患っていますが、自然の摂理と受け止めています。思ったよりも進行が遅く、4年目に入りました。検査から先月厳しい余命1年の宣告を受けましたので、自分が挨拶をしたいと思う友人を訪ねています。訪ねる相手の気持ちはわかりませんが、自分の気持ちに正直にありたいと思っています。佐藤君は私の人生で出会いを得た稀有な逸材です。後輩であることを誇りに思っています。立場上やむを得ず判断を動かすことはありました。しかし、佐藤君に対する私の気持ちは昔も今も動いたことはありません。ただ一つ気にしていることは、君の健康です。私の年齢以上に元気で長生きしてほしいと願っています。 2013年9月2日 大田浩右 』

 

2年前、次の手紙を出してから、わずか1年半後に急逝した。

私は年並に半日だけ20人ほど診ています。私の明神館は西田先生の超人的な働きのおかげで成り立っています。君のクリニックは繁盛しているようで安心しています。その一方で、以前会った時から佐藤君は働き過ぎではないかと懸念しています。なんといっても健康が第一ですから、くれぐれも無理をしないように頼みます。私がいらぬ心配をしても仕方ないのですが、君のことを心配していることだけ伝えておきます 2016年11月30日 大田浩右 

 

彼の葬儀など慌ただしい中に、祥子の16回目の命日がやってきた。この手に余る夫、手に余る息子たちを慈愛の心で包んでくれた優しい妻。私はいつも、全てを洗い流し清めてくれるのは時間、一方で時間ほど残酷なものはないと思っている。

 

2018年6月

同期で集まる会があった。私と同じ8年前がんを発病した友人がいる。このたび、左肺に再発が見つかったと言う。私もつい先日受けた尿細胞診、膀胱エコー検査ともに異常なしであったが、残った反対の腎臓、尿管、膀胱への再発を心配している。お互い交流を深めることにした。

 

2018年7月

つい最近、私も排尿後便器に溜まった尿の色に少し赤みがあり、異変に気付いていたが、以前から予定していた2週間弱の九州一周旅行1800kmを一人で運転した。この無謀性格は逝くまでなおらない。8月には詳しい検査を受けようと決めていた。

 

大学生時代以来の九州旅行。福岡、熊本、大分、鹿児島、熊本、大分、山口とぐるりと一周した。写真は噴煙をあげる硫黄山、右の稜線が有名な韓国岳。


 

2018年8月

応援していた石弘光さんが亡くなられた。ステージ4の膵臓がんから2年生きたことは立派だったと思う。

同じ膵臓がんで無治療を選択し食事療法マクロビオテックスのみで頑張ったスティーブジョブズは8年生きた。

目標であったスティーブジョブズの8年を私も達成した。

 

尿の色がおかしいのと8月になって夜間の尿の回数が多い時は3~4回と増えてきた。再発を確信し尿路膀胱癌への適応が承認されたキイトルーダの勉強を始めた。

興味のある方はこちら ⇒『抗免疫チェックポイント抗体療法は膀胱がん患者の膀胱温存につながるか?』

その他、石川さんの「分子標的抗がん薬」はわかりやすくお勧めしたい本。

 

アイスクリームバナナを収穫した。なんと17㎏あった。有機ぼかし肥料だけ。万田酵素が効いたのかも。


2018年9月

骨転移、リンパ節転移したステージ4の尿管癌は2年生存率10%以下と膵臓癌と悪性度を争うほど予後不良だ。このような尿管癌の生存率からすると、癌は決して許してくれないから、再発してもおかしくない状況だ。主治医はいつものエコー検査で異常ないと言うが、先週の尿細胞診でクラスⅢの返事が返ってきていたので、主治医に膀胱内視鏡検査を依頼した。

 

今日21日、親しい中国の友人から私に放松放松してください、あまりにもストレスをかけ過ぎですよ、もっともっと放松してくださいとメールが届いた。放松はファンソンと読み、リラックスの意味。命尽きるまで疾走されると思いますがファンソンをお願いしますと結んであった。

久しぶりに大いに笑った。この癌性格変えれるものなら変えたい。

  

検査結果は再発だった

検査中の膀胱内視鏡の画像を見せてもらった。やはり予感通り、5年半前の手術あとの膀胱右側に限局した腫瘍の再発が見られた。主治医から内腸骨動脈動注療法、膀胱内視鏡手術、そしてBCG療法する旨の説明を受けた。この歳になってまた抗がん剤治療か、やれやれ・・膀胱腫瘍のお姿を拝見し、表在癌に見えるが1年以上の時間が経っているように感じた。立派な再発だ。主治医にはあまり張り切って欲しくないのが私の本音。肝機能とリンパ球を維持しながら、ゆっくリズムで治療したいと思っている。

 

 

2018年10月

久しぶりに実家でよく勉強のできたすぐ上の姉と会った。日本が降伏した敗戦の年、私は6歳、姉は7歳、空襲の焼夷弾から逃げ惑い、二人で父の故郷田舎のおばの所に預けられ、学校にも行かず、養蚕かいこの世話、風呂の水汲みなど、遠慮なく使われた。岡山の家に戻っても食べるものはなく、カボチャと芋、そして芋のつるまで食べた。履くものもなく、裸足で走り回っていた。柿やイチジクは危険を冒して登って食べた。高校生になっても家は貧困から抜け出せず、姉は、「あんたはよぅ働いた、自分で洗濯はするし、高校の頃月明かりに農薬散布をしてくれていたね。」帰り際に、何度も長生きするんよと言ってくれた。私にとって今はすべてに恵まれた不気味な世界。

 

姉に会って1週間後・・。

抗がん剤動注のため、50年前麻酔科医としてお世話になった松田病院へ4泊5日で入院した。膀胱に栄養を送っている動脈(内腸骨動脈)へカテーテルを入れ、3種の抗がん剤を動注した。施術前、所要時間は1時間と説明を受けていたが、お尻の筋肉にいく2本の殿動脈をコイル塞栓する処置と抗がん剤をゆっくり動注するための時間を入れて、3時間硬いレントゲン台の上に寝ていた。次第に腰痛が増してきた。術後さらに3時間下肢を動かないように縛られ、結局6時間不動性腰痛に苦しめられた。しみじみ楽な治療はないものだと思う。しかし、施術後の吐気は思ったよりも軽く、食欲もなんとか保たれた。シスプラチンなど白金製剤による吐気止め5-HT₂a拮抗剤カイトリル内服もよかったのかと思っている。 

 

動注1週間後にはほぼ元の生活に戻り、2週間後には大山の添谷から伯耆町溝口駅までの山道をグーグルマップを頼りに10km歩いた。なんと53年前、祥子と新婚旅行で乗ったと同じような列車がチンチンと鳴る踏切前を通過していくではないか、田舎は変わっていないなぁと驚いた。写真を撮る暇がなかったのは残念。

 

 

2018年11月

80歳の誕生日を迎えた。5年前の8月、余命宣告を受けた頃は、遥かかなたの夢のようだった傘寿を現実に迎えることができた。この5年間は随分と濃縮した時間だった。念願だった『脳過敏症』の日本語版と英語版を、80歳誕生日は『腎移植の夜明け』を出版し国会図書館と各大学に寄贈した。

 

 

2018年11月

誕生日のお祝いを終え、2回目の動注療法のため松田病院へ入院した。スタッフとも顔見知り、三男が手術の立ち合いに来てくれ、家族の存在が証明された(笑)。

昨日の2回目の動注の際、造影膀胱動脈撮影の画像を見せてもらった。腫瘍に行く新生血管は残念ながらまだ元気であった。画像は3回目の動注の必要性を促しているように見えた。その夜は低ナトリウムのため塩分摂取に忙しく眠れなかった。しかし、今朝のナトリウムは128と気分もよく朝食は完食、昼寝を2時間した。明日は午前中点滴を受け、昼から退院する。白血球減少のため、今週は人込みを避け、仕事を休む。3回目の動注は12月10日と決まった。この調子だと年明けてから内視鏡手術になりそうだ。

 

見えないけれども画面の下中央に膀胱がある。向かって左側の血管からがんに呼び寄せられた新生血管のチリチリが映っている。動注療法は少量の抗がん剤で点滴静注より高い有効性を発揮する。しかし、がんセンターや大学病院、その他の基幹病院では動注療法を行っていない。世間の人は不思議がると思うが、怒るに怒れない、笑うに笑えない理由がある。抗がん剤は動注療法の治験データを添えて厚生省に認可申請をしていない。そのため、大病院の勤務医が動注療法できないのは、薬剤審議委員会や倫理委員会で動注療法は認められないからである。医師、薬剤師に動注療法への知識と理解があれば、特例として認められている場合もあるようだ。個人的には動注特区を作られるのが一番国民を利すると思っている。


コメント: 0