脳神経外科医のがん闘病記

進行がん ステージ4でも怖くない

 

多発転移から、5年目に入った今、

   生きている証として、闘病記を出版した。

 

2017年11月

           

 

 

 ステージ4から寛解をもらったのには、わけがある

 私は、自分が病気になる前から、抗がん剤治療の矛盾に気付いていた。がんで死ぬより、抗がん剤の副作用によって殺されたと思われるケースを見てきたからだ。 特に70歳以上の高齢者に処方される抗がん剤の標準治療は、副作用が薬効を上回っているケースが多いように思う。これは、私の推測だが、そもそも抗がん剤の効果の有無を調べる治験は、70歳以下の若い層を対象に行われてきた。ところが、今や全てのがん患者の6割が70歳以上と言われている。人も高齢化したが、がんも高齢化した。したがって、70歳以下の標準治療を、70歳以上に適用するのはどだい無理がある。私は、標準治療の量を減らして処方するのが常識と思っている。ところが、入院前、事前に低用量を依頼したにもかかわらず、強引に標準治療を処方されてしまった。ここから、苦難の闘病生活が始まった。ステージ4から、寛解に至る道のりは、長くしんどかった。

 

1. 睡眠

  早寝による睡眠を確保した。良質の睡眠は、腸管免疫を元気にする力があるからだ。

 

2. 筋肉を保つ

毎日ラジオ体操の後、1時間のウォーキングにより、筋肉を保った。筋肉から、がんを抑えるホルモンが出ているという説を信じているからだ。

 

3. 体質を変える

毎日2Lの野菜ジュースを飲む。ゲルソン食により肉、魚、乳製品、牛乳すべてのたんぱく質を絶ち、塩も絶ち癌の住みにくい体質に変えた。

 

4. リンパ球を維持する

抗がん剤治療中、白血球に含まれるリンパ球を、1000個以上に保った。

 

5. 低用量の抗がん剤

私が選んだのは、標準治療の半分量以下の低用量抗がん剤治療だった。しかも、古くて安い薬ばかり、新薬ではなかった。

 

6. タイムリーな治療

粒子線、リニアック放射線、抗がん剤動注をタイムリーに行った。

 

7. 大病院、専門医ほど怖いものはない

私は、大病院の抗がん剤標準治療を希望しなかった。抗がん剤により、多くの患者さんが、命を奪われている現実を知っているからだ。特に、製薬メーカー寄りの治療ガイドラインを信じる、若い専門医ほど怖いものはないと思っている。

 

 

ステージ4からの出発 患者として、医師としての葛藤

 2010年6月、アップダウンの強い往復40kmのサイクリングに挑戦した。祝杯のビールの後、トイレで真っ赤な血尿にびっくりした。慌てて受けた検査結果、尿管がんの疑いが強いと診断された。母校の大学病院を受診し、尿管がんと診断。早めの手術と抗がん剤による化学療法を勧められた。妻の7回忌を済ませた直後の発病であった。三度の食事にすら大変な独居老人にとって、がんと戦えるのか、疑問と不安がいっぱい。巷の闘病記を読みあさる程に、この不安は強いものとなった。闘病を支えてくれる家族のいない自分にとって、手術はさておき、しんどい抗がん剤治療は無理に思えた。この頃、YouTubeでスティーブジョブズの講演を見た。結局のところ、自分は無治療を選択した。医師仲間から、君はどうかしていると叱責されたが、自分の選択の間違っていることを認めつつ、生きたくないパワーのまま時間が経ち、転移が始まった。


 2013年5月、大学で腎臓、尿管、一部膀胱、リンパ節郭清の手術を受けた。支えてくれる仲間に出会い、生きたいパワーが戻ってきた。

 

 2013年6月、悩み迷った末に、抗がん剤による化学療法を受けることにした。術前、主治医宛に、化学療法は低用量を希望する旨、連絡していたが、返事は来なかった。学会ガイドラインに基づく標準治療を行っている大学病院に、低用量という選択肢はなかったようだ。案の定、第一回目のGCP療法として、3剤の抗がん剤点滴を受けたところ、急性腎障害を起こし、体の塩分がどんどん抜けていく低ナトリウムの状態になった。急遽行われた治療の効果はなく、意識朦朧の中に、食卓塩をスイカに振りかけて急場をしのいだ。最先端の医療を看板としているはずの大学病院に失望し、2013年7月、治療途中に勝手退院をした。退院1か月後に、肺転移、骨転移が判明した。この時から、しんどい闘病生活が始まった。

大田こうすけ

2018元旦 休んでいたブログを再開した

2018年1月1日

元旦は、実家で、79歳卒寿の祝いをしてもらった。

今、闘病の折り返し地点に立っている。これからも、今まで通りゲルソン食を継続し、自然体で生きたいと思っている。80歳の挑戦として、認知行動療法サムサーラを大田郷土資料館で、認知症予防ドッグを明神館クリニックで始める準備に取り掛かっている。

相変わらず、毎日、8時間睡眠、1時間ウォーキング、仕事は、月15日働いている。

 

2018年1月16日

新年早々悪いニュースが入ってきた。私と同じ民間病院の創業者、一昨年の9月、彼の病院に見舞った時、自分はゲルソン食療法により、がんの住みにくい体質に改善していると話した。しかし、彼は、アメリカにおける、ゲルソン食を否定するアンドリュービッカーズの数行のレポート、「代替医療はもはや未証明と批判されるのではなく、無効だと反証済みの医療だと非難されるべきだ」を引用し、私のアドバイスに否定的な反応をした。私は、急いでまとめた自分の闘病ブログを持っていたが、渡さずに帰った。以来気にしていたが、9か月後、多発脳転移を起こしていた。あの時、彼がゲルソン食を本気選択していたら、アナザーストーリーがあったかもしれない。

2018年1月22日

あしかけ8年、通い続けた画像センターでPET検査を受けた。今回で9回目ですと言われ、そんなになるのかと驚いた。結果は異常なく、次は1年先で十分と告げられた。

 

今朝の手作り朝食 

オートミール、野菜・昆布スープ

ししゃも、自宅ハウスで育てたバナナ

宮古島アロエベラジュース

 

2018年2月

メールやラインの生活なので、電話が鳴ることはめったにない。その珍しい電話が鳴った。広島の医療界では、超有名な先生からだった。

あなたの闘病記を読んで感激した。109ページにほっとけの歌の作曲公募とあったので、早速作ってみたので、これから歌うからと、世界最高齢の現役テノール歌手は、朗々と歌って下さった。あまりに嬉しく、東広島の友人と6年ぶりに広島の先生を訪ねた。

3人でフグ料理を食べながら、いつもながらの先生の独演節を拝聴した。

 


2018年2月

今日は水曜日、朝から塩分が足りないようだ。頭がうゎんと鳴っている。

そんな日に、来客の多いこと。なかでも長年の遊び友達が余命1年の肺がんになったと訪ねてきた。手術なし、放射線治療なし、化学療法3クールを受け、今はフランDグルコースを飲んでいると言う。これだけ聞けば、小細胞がんと分かる。野菜ジュースを始めたそうだが、早急に彼のワイフに会って、本格的な減塩または断塩、減たんぱく食事療法への取り組みを勧めるつもりだ。

1月、2月と続けて、悪いニュース。

 

2018年3月

元気だった友人からもらった手紙は

『この数日はひゃっと、暖かい日が訪れてきたようで、春の兆しを感じています。

お聞き及びと思いますが、会社を少し早く定年退職し、郷里の福岡に転居いたしました。

今年2月中旬、体動時に動悸を感じ病院を受診、胸部CTを撮ったところ、右肺に胸水が貯留していると言われました。入院し、CT検査を受けたところ、胸膜播種を伴うステージ4の肺癌と告知されました。動悸程度で、他に何の自覚症状がないままの一気にステージ4の告知を受け、青天の霹靂、もう頭が真っ白になり、とりあえず親戚の多い福岡で治療を受けるべく、急ぎ帰郷いたしました。先生にはご挨拶もせず大変失礼したことをお詫びいたします。

先生の書かれた、進行癌ステージ4でも怖くないを、昨日一気に読ませていただきました。2010年からの闘病の詳細を知り、これまでの治療法の選択に対して葛藤されたご様子や科学的根拠と探求心に基づいた食事療法や日常生活上の精神状態の重要性など、とても参考になりました。

私は、九州がんセンターで治療を受けることにいたしました。私の生検の組織所見からは、保健で現在認可されている免疫チェックポイント阻害剤は使用できないと言われ、検討中の治験に入れるかの検査待ちの状態です。私は進行癌の説明を受けても戸惑うことばかりです。先生の本に出てくる光畑先生に、昨日、藁をもつかむ思いで直接電話いたしました。とても詳しく説明していただき、肺がん治療の化学療法、薬物療法の日本の現状のみならず、世界の先端の治療はここまで来ているという状況を一気に説明していただき、大変心強く感じました。大田先生にも、今後の闘病中にご質問などさせていただきたいと思っております。よろしくお願いいたします。』

 

 

2018年4月

高齢者に夏の暑さは強敵です。夏に体調を崩す人が多い印象です。冬は、寒風の中、粉雪が舞っていても、歩いて通勤できますが、夏は、傘を差しても猛暑の中を歩くのは、殺人行為に近いです。一昨年も、昨年も、夏の暑さ対策には苦心しました。今年は縁あって、大山の別荘940万円を買うことにしました。築数十年、私が三代目のオーナーになります。歳月を感じさせない美しい木目のある、ホンカのログハウスです。写真では大きく見えますが、13.8坪のダイニングキッチンと6畳の間だけで、2階にロフトがあります。見学の際、印象に残ったのは、空調がついていないことです。標高460mの夏は涼しく、空調はいらないそうです。別荘地は、全体に閑散とし、空き地が目立ちます。高齢化が進み、使われなくなった別荘はあちこちに点在し、売家、売地が多く見られました。500万円から800万円の物件は売れるそうですが、1000万円を超えるととたんに売れないそうです。バブルの後遺症が、こんなところにも見られます。

 

2018年5月

お借りした畑にハウスを建て2年目になります。ゴールデンウィークは、マイハウスの手入れをしました。昨年暮れに花咲いたスイートバナナ、やっと実ってきました。マンゴー、パパイヤ、ピタンガ、アセロラ、アボカド、ブルーベリーなど、熱帯果実を楽しめそうです。今は、さくらんぼとイチゴです。孫や知り合いの人たちが採りに来ても、毎日毎日食べれないほどなります。イチジク、マクワウリ、スイカ、トマト、トウモロコシなど、ぐんぐんと成長していく様は、見て楽し、育てて楽し、食して最高です。

 


ピタンガ

ちょっと面白い味

マンゴー

パパイヤ


越冬したバナナ

ブルーベリー

コーヒーの実

ぐんぐん枝を伸ばすブーゲンビリア

アセロラの実

とても美味です。


2018年5月

悪いニュースが多すぎます。

膵臓がんで闘病中だった私と同じ民間病院創業者が先月亡くなりました。

大学卒業後すぐから私の病院で研修して大きく成長した優秀な脳外科医が同じく膵臓がんで亡くなりました。

年寄りが生き残って若い人が先に逝くのは、なんとも寂しいものです。その反面、ステージ4から5年生きて、日々睡眠、運動、食事に心がけ、ジュースを欠かさず、仕事を続けている自分がいとおしくもあり、誇らしくもあります。

2018年6月

5年前の6月19日は抗がん剤治療の初日だった。私は2年間の抗がん剤治療を終えて3年経った今元気に働いています。

カプランマイヤー曲線5年生存率の20%に入りました。私はケリーターナーの言うラディカルレミッション”劇的な寛解“の仲間入りを果たしたことになります。診療を済ませ午後遅くハウスに行くのを楽しみにしています。散水を絞るとトマトが美味しくなり、熟すのも早いことを知りました。マクワウリも散水を絞ると早く色づいて熟します。栄養が多いといけない証拠です。マクワウリは野ネズミとの競争です。スイカも来週の収穫が楽しみです。


 

2018年7月

5年前、私と同じ時期に肺がんの手術をした友人がおり、彼とは60年来の長い付き合いです。元気で過ごしていたが年1回の定期検診で左肺門に再発が見つかり、まだ死にたくないので化学療法を始めたと連絡がありました。私も手術をして5年を過ぎており、心を新たにして食事療法を続けることにしました。

 

ベイグドアラスカを作ってみました。中はアイスクリーム、外は生クリーム、かけているのは40度のウイスキーです。結構ハイカラないい味です。


 

2018年8月

多発転移から丸5年経ちました。5年前は骨盤転移、肺転移を起こし余命告知を受けるなど、右往左往し悲惨な状態でした。今年1月にPET-CT検査を受けているので、10ヶ月後の11月を予定しています。PET検査は食生活を続けるいい目標となっています。平穏な日々の中、応援していた石弘光さんが亡くなられました。ステージ4の膵臓癌から2年生きたことは立派だったと思います。彼の闘病ブログを読むと、体力に恵まれていた上に、生きたい意欲がすさまじい人でした。しかし、四種混合のすさまじい量の抗がん剤は延命という意味では効果がなかったように思われます。一方で、同じ膵臓がんで無治療を選択し食事療法マクロビオテックスのみで頑張ったスティーブジョブズは8年生きており、膵臓がん治療の難しさを思い知らされます。

 

アイスクリームバナナを収穫しました。なんと17㎏ありました。ぼかし肥料だけ。万田酵素が効いたのかも。それにしてもお化けバナナです。



コメント: 0