脳神経外科医のがん闘病記 寛解までの記録 

進行がん ステージ4でも怖くない

 

2017年11月

 

 多発転移から5年目に入った。

 抗がん剤治療を休薬し2年、

 生きている証として、

 闘病記を出版した。

 

      

 

 

 ステージ4から寛解をもらうまでの道のり

 私は、自分が病気になる前から、抗がん剤治療の矛盾に気付いていた。がんで死ぬより、抗がん剤の副作用によって殺されたと思われるケースを見てきたからだ。 特に70歳以上の高齢者に処方される抗がん剤の標準治療は、副作用が薬効を上回っているケースが多いように思う。これは、私の推測だが、そもそも抗がん剤の効果の有無を調べる治験は、18歳~70歳の若い層を対象に行われてきた。ところが、今や全てのがん患者の6割が70歳以上と言われている。したがって、70歳以下の標準治療を、70歳以上に適用するのはどだい無理がある。私は、標準治療の量を減らして処方するのが常識と思っているが、標準治療を受けたばかりに抗がん剤による腎障害で血液中のナトリウム(塩分)が腎臓から漏れて低ナトリウムという不便な生活が始まった。ステージ4から寛解に至る道のりはしんどかった。

 

1. 睡眠

  早寝による睡眠を確保した。良質の睡眠は、腸管免疫を元気にする力があるから。

 

2. 筋肉を保つ

毎日ラジオ体操と1時間ウォーキングした。筋肉からがんの増殖を抑制するメッセージ物質が出ている説を信じているから。

 

3. ゲルソン食療法

毎日の野菜ジュース、肉、魚、乳製品、牛乳など動物性たんぱく質を絶ち、減塩し癌の住みにくい体質に変える努力をした。

 

4. リンパ球を維持する

抗がん剤治療中、白血球に含まれるリンパ球(免疫)を1000個以上に保った。

 

5. 低用量の抗がん剤

私が選んだのは、標準治療の半分量以下の低用量抗がん剤治療だった。しかも、古くて安い薬ばかり、新薬ではなかった。

 

6. これから

悪性度の高い尿管癌だから治りきることはあるまい。大学病院、癌センターだからとまるごと信用してはいけない。診断まではよいが、治療法については他の医師にも相談し、自分も勉強し、自分が納得する治療選択をすべきである。これからも情報収集し、このブログを通して伝えていきたい。

詳しくは ⇒こちら

ステージ4からの出発 患者として、医師としての葛藤

 2010年6月、アップダウンの強い往復40kmのサイクリングに挑戦した。祝杯のビールの後、トイレで真っ赤な血尿にびっくりした。慌てて受けた検査結果で尿管がんと診断。早めの手術と抗がん剤による化学療法を勧められた。妻の7回忌を済ませた直後の発病であった。三度の食事にすら大変な独居老人にとって、がんと戦えるのか、疑問と不安がいっぱい。結局のところ、72歳の自分は無治療を選択した。医師仲間から、君はどうかしていると叱責されたが、自分の選択の間違っていることを認めつつ、生きたくないパワーのまま時間が経ち、リンパ節転移が始まった。


 2013年5月、大学で腎臓、尿管、一部膀胱、リンパ節郭清の手術を受けた。

 

 2013年6月、迷った末に、抗がん剤治療を受けることにした。1回目の3剤の抗がん剤GCP治療は受けたが、2回目の点滴治療は受けず自己判断で退院した。

 

 2013年8月、肺転移、骨転移が判明した。

 

 2016年2月、新しい主治医のもと、3年の闘病を経て、とりあえずの寛解をもらった。

 闘病中、癌に「がんこちゃん」の愛称で親しんだが、できればもう会いたくない。

 

  

予期せぬ出会い

 

鮮烈な赤の出会い
寝ても覚めても
私の心を占拠し
心の苦しみ
身体の苦しみまで
私を虜にした
どうしようもない出会い
しかし君は私の一部
5年の葛藤が過ぎ
今君はどこにいる
  不気味な寛解
歪んだ出会いの終焉

もう会いたくない

 

 

 2018年1月、寛解をもらって約2年、再発の心配はあるが、これから先の人生を楽しみたい。

 

大田こうすけ

ブログを再開した理由

約2年休んでいたブログを再開したには訳がある。癌治療の原則は病気を隠さず、広く情報を入手した方がよい。私はいずれ来る再発に備え免疫治療への道を探っている。癌治療は欧米に比べてはるかに遅れており、隣の韓国、台湾、中国よりも後進国であることを多くの人は知らないでいる。今の日本の旧態依然とした癌治療とは違った治療が始まっている。私が手にした情報を闘病に役立ててもらえれば望外の喜びである。 

 

 

2018年1月1日

発病当時、リンパ節転移した尿管癌の生存予後について調べたところ、5年生存率ゼロを知った。その後、2016年有明病院の5年生存率36%を知った。つい最近遠隔転移の尿管癌は2年生存率10%以下という厳しい数字を見つけた。ステージ4の尿管がんで私の生存は珍しいと泌尿器科医師の間で話題になっている。先月受けた定期的な尿細胞診と膀胱エコー検査では異常なかったが、尿管癌の人は膀胱に50%以上の高い確率で再発する。このままでは済まない。

 

2018年1月16日

新年早々悪いニュースが入ってきた。私と同じ民間病院の創業者、一昨年の9月、彼の病院に見舞った時、自分はゲルソン食療法により、がんの住みにくい体質に改善していると話した。しかし、彼は、アメリカにおける、ゲルソン食を否定するアンドリュービッカーズの数行のレポート、「代替医療はもはや未証明と批判されるのではなく、無効だと反証済みの医療だと非難されるべきだ」を引用し、私のアドバイスに否定的な反応をした。私は、急いでまとめた自分の闘病ブログを持参していたが、渡さずに帰った。9か月後、彼は脳転移を起こしていた。

 

2018年1月22日

あしかけ8年、通い続けた画像センターでPET検査を受けた。今回で9回目ですと言われ、そんなになるのかと驚いた。結果は異常なく、次の検査は1年先で十分と言われた。ただ、PET検査では膀胱への再発はわからない。

 

2018年2月

電話が鳴ることはめったにない。その珍しい電話が鳴った。広島の原田康夫先生からだった。

あなたの闘病記を読んだ。109ページにほっとけの歌の作曲公募とあったので、早速作ってみたので、これから歌うからと、86歳になられる現役テノール歌手は、朗々と歌って下さった。あまりに嬉しく、東広島の友人山名と6年ぶりに広島を訪ねた。3人でフグ料理を食べながら、いつもながらの先生のご高説を拝聴した。

 


2018年2月

今朝もいつもながらのニンジンジュースと手作り朝食

オートミール、野菜・昆布スープ

ししゃも、自宅ハウスで育てたバナナ、宮古島アロエベラジュース

  

 

今日は水曜日、来客の多いこと。なかでも長年の遊び友達が余命1年の肺がんになったと訪ねてきた。化学療法3クールを受けていると言う。今、肺がん治療は大きく変貌し、昔の余命の基準は合わなくなっている。彼は大丈夫と思っている。

 

2018年3月

元気だった友人から突然手紙をもらった。私の驚きは言葉にできない。

『 この数日はひゃっと、暖かい日が訪れてきたようで、春の兆しを感じています。

お聞き及びと思いますが、少し早く退職し、郷里の福岡に転居いたしました。

今年2月中旬、体動時に動悸を感じ病院を受診、胸部CTを撮ったところ、右肺に胸水が貯留していると言われました。入院し、CT検査を受けたところ、胸膜播種を伴うステージ4の肺癌と告知されました。動悸程度で、他に何の自覚症状がないままの一気にステージ4の告知を受け、青天の霹靂、もう頭が真っ白になり、とりあえず親戚の多い福岡で治療を受けるべく、急ぎ帰郷いたしました。先生にはご挨拶もせず大変失礼したことをお詫びいたします。

先生の書かれた、進行癌ステージ4でも怖くないを、昨日一気に読ませていただきました。2010年からの闘病の詳細を知り、これまでの治療法の選択に対して葛藤されたご様子や科学的根拠と探求心に基づいた食事療法や日常生活上の精神状態の重要性など、とても参考になりました。

私は、九州がんセンターで治療を受けることにいたしました。私の生検の組織所見からは、保健で現在認可されている免疫チェックポイント阻害剤は使用できないと言われ、検討中の治験に入れるかの検査待ちの状態です。私は進行癌の説明を受けても戸惑うことばかりです。先生の本に出てくる光畑先生に、昨日、藁をもつかむ思いで直接電話いたしました。とても詳しく説明していただき、肺がん治療の化学療法、薬物療法の日本の現状のみならず、世界の先端の治療はここまで来ているという状況を一気に説明していただき、大変心強く感じました。大田先生にも、今後の闘病中にご質問などさせていただきたいと思っております。よろしくお願いいたします。

 

 

2018年4月

尿細胞診異常なし、膀胱エコー検査異常なし、この度も膀胱内視鏡検査は見送りとなった。

 

 

2018年5月 真夏対策

がんを抱えた高齢者は夏に体調を崩す人が多い。冬、私は寒風の中、粉雪が舞っていても歩いて通勤できるが、真夏に傘を差しても猛暑の中を歩くのはきつい。一昨年も、昨年も、夏の暑さ対策には腐心した。縁あって敷地90坪、中古の小さな別荘を安価に買うことができた。大山山麓にある築数十年経つが、歳月を感じさせない美しい木目のある、ホンカのログハウス。写真では大きく見えるが、ダイニングキッチンと6畳の間だけの13.8坪。水は出る、コンロのガスはつく、給湯ボイラーは作動する、超古いけど大丈夫。空調がついてないのは、夏涼しい証拠。真夏は楽しみだ。

 

2018年5月

お借りした畑にハウスを建て2年目になる。ゴールデンウィークは、マイハウスの手入れをした。コーヒー、アテモヤ、バナナ、マンゴー、パパイヤ、ピタンガ、アセロラ、アボカドを育てている。今はイチゴ。孫や知り合いの人たちが採りに来ても、毎日毎日食べれないほどなる。マクワウリ、スイカ、トマト、トウモロコシなど、ぐんぐんと成長していく姿は、見て楽し、育てて楽し、食して最高。

 


越冬したバナナ

マンゴー


2018年5月

最悪のニュースがやってきた。大学卒業後すぐから私のもとで研修し、27年間共に働いてくれた大切な後輩の脳外科医が闘病わずか1年、61歳、膵臓がんで急逝した。オプジーボまで試したようだが、残念としか言いようがない。

 

5年前私が余命告知を受けた時、彼に出した葉書 この時点で彼の体調はおかしいと思った

昨日はお休みのところを突然お邪魔しました。私は2週間前に多発転移が分かり余命宣告を受けたので、佐藤君には是非会っておきたかったのです。私は病を患っていますが、自然の摂理と受け止めています。検査結果から先月厳しい余命1年の宣告を受けましたので、自分が挨拶をしたいと思う友人を訪ねています。訪ねる相手の気持ちはわかりませんが、自分の気持ちに正直にありたいと思っています。佐藤君は私の人生で出会いを得た稀有な逸材です。後輩であることを誇りに思っています。立場上やむを得ず判断を動かすことはありました。しかし、佐藤君に対する私の気持ちは昔も今も動いたことはありません。ただ一つ気にしていることは、君の健康です。私の年齢以上に元気で長生きしてほしいと願っています。 2013年9月2日 大田浩右 』

 

2年前、地方会で会った。これはおかしいと気付き出した葉書 この時彼はまだ発病に気付いていない

私は年並に半日だけ20人ほど診ています。君のクリニックは繁盛しているようで安心しています。その一方で、以前会った時から君は働き過ぎではないかと心配しています。なんといっても健康が第一ですから、くれぐれも無理をしないように頼みます。私がいらぬ心配をしても仕方ないのですが、やつれた君を心配していることだけ伝えておきます 2016年11月30日 大田浩右 

 

彼の葬儀など慌ただしい中に、祥子の14回目の命日がやってきた。この手に余る夫、手に余る息子たちを慈愛の心で包んでくれた優しい妻。私はいつも、全てを洗い流し清めてくれるのは時間、一方で時間ほど残酷なものはないと思っている。

 

2018年7月

つい最近、私も排尿後便器に溜まった尿の色に少し赤みがあり、異変を感じていたが、以前から予定していた2週間弱の九州一周旅行1800kmを一人で運転した。この無謀性格は逝くまでなおらない。8月には詳しい検査を受けようと決めていた。

 

写真は噴煙をあげる硫黄山、右の稜線が有名な韓国岳。


 

2018年8月

応援していた石弘光さんが亡くなられた。ステージ4の膵臓がんから2年生きたことは立派だったと思う。

同じ膵臓がんで無治療を選択し食事療法マクロビオテックスのみで頑張ったスティーブジョブズは8年生きた。その8年を私も達成した。

 

尿の色がおかしいのと8月になって夜間の尿の回数が多い時は3~4回と増えてきた。再発を確信し尿路膀胱癌への適応が承認されたキイトルーダの勉強を始めた。

興味のある方はこちら ⇒『抗免疫チェックポイント抗体療法は膀胱がん患者の膀胱温存につながるか?』

その他、石川さんの「分子標的抗がん薬」はわかりやすくお勧めしたい本。

 

アイスクリームバナナを収穫した。なんと17㎏あった。有機ぼかし肥料だけ。万田酵素が効いたのかも。


2018年9月

仕事の合間にハウスの農作業を楽しんでいると癌のことはすっかり忘れてしまう。ところがどっこい、相手は私を忘れてくれない。主治医はいつものエコー検査で異常ないと言うが、先週の尿細胞診でクラスⅢの返事が返ってきたので、主治医に膀胱内視鏡検査を依頼した。

 

今日21日、親しい中国の友人から私に放松放松してください、あまりにもストレスをかけ過ぎですよ、もっともっと放松してくださいとメールが届いた。放松はファンソンと読み、リラックスの意味。命尽きるまで疾走されると思いますがファンソンをお願いしますと結んであった。

久しぶりに大いに笑った。この癌性格変えれるものなら変えたい。

  

検査結果は再発だった

検査中の膀胱内視鏡の画像を見せてもらった。やはり予感通り、5年半前の手術あとの膀胱右側に限局した腫瘍の再発が見られた。主治医から内腸骨動脈動注療法、膀胱内視鏡手術、そしてBCG療法する旨の説明を受けた。この歳になってまた抗がん剤治療か、やれやれ・・腫瘍のお姿を拝見し、表在癌に見えるが1年以上の時間が経っている感じの立派な再発だ。主治医にはあまり張り切って欲しくない。癌と共存が私の本音。肝機能とリンパ球を維持しながら、ゆっくリズムで治療したいと思っている。それにしてもあれだけ用心していたのに膀胱へ再発とは、、がんこちゃんはしつこいなぁ~、2日程無性に腹が立った。 

 


同じ尿路癌の仲間が一人増えた。面識はないが美容形成の高須克也さんが4年前尿管癌を発症し、1年前膀胱癌を発症、抗がん剤治療と膀胱内視鏡手術、そしてBCG療法を受けているとツイッターに投稿している。尿管癌は私より4年遅く発症しているが元気そうだ。

 

 

2018年10月

久しぶりに実家でよく勉強のできたすぐ上の姉と会った。日本が降伏した敗戦の年、私は6歳、姉は7歳、家に米はなく、カボチャと芋、そして芋のつるまで食べた。履くものもなく、裸足で走り回っていた。高校生になっても家は貧困から抜け出せず、姉は、「あんたはよぅ働いた、自分で洗濯はするし、高校の頃月明かりに農薬散布をしてくれていたね。」帰り際に、何度も長生きするんよと言ってくれた。私にとって今は食べるに困らず、すべてに恵まれた不気味な世界。

 

抗がん剤作用があるバンレイシ科のアテモヤは2年目を迎え、ハウスの中で私の背丈まで育ってきた。この冬を無事越すのが関門。

2018年10月14日

抗がん剤動注のため、50年前麻酔科医としてお世話になった松田病院へ4泊5日で入院した。膀胱に栄養を送っている動脈(内腸骨動脈)へカテーテルを入れ、3種の抗がん剤を動注した。施術前、所要時間は1時間と説明を受けていたが、お尻の筋肉にいく殿動脈1本のコイル塞栓と抗がん剤をゆっくり動注する30分×左右の時間を入れて、3時間硬いレントゲン台の上に寝ていた。次第に腰痛が増してきた。術後さらに3時間下肢を動かないよう拘束され、結局6時間不動性腰痛に苦しめられた。しみじみ楽な治療はないものだと思う。しかし、施術後の吐気は思ったよりも軽く、食欲もなんとか保たれた。シスプラチンなど白金製剤による吐気止めセロトニン₂a拮抗剤カイトリル内服は効果ありと思っている。 

 

動注1週間後にはほぼ元の生活に戻り、腰の違和感と夜間の頻尿が消失するなど動注の効果を実感した。2週間後には大山の添谷から伯耆町溝口駅までの山道をグーグルマップを頼りに10km歩いた。なんと53年前、祥子と新婚旅行で乗ったと同じような列車がチンチンと鳴る踏切前を通過していくではないか、田舎は変わっていないなぁと驚いた。写真を撮る暇がなかったのは残念。

 

 

2018年11月

80歳の誕生日を迎えた。5年前の8月、余命宣告を受けた頃は、遥かかなた、まさかの傘寿を現実に迎えることができた。負け惜しみに聞こえるかもしれないが、癌と共存したこの5年間は随分と濃縮し、有意義な時間だった。念願だった『脳過敏症』の日本語版と英語版を、80歳誕生日は『腎移植の夜明け』を出版し国会図書館と各大学に寄贈した。

 

 

2018年11月

誕生日のお祝いを終え、2回目の動注療法のため松田病院へ入院した。スタッフとも顔見知り、三男が手術の立ち合いに来てくれ、家族の存在が証明された(笑)。

昨日の2回目の動注の際、造影膀胱動脈撮影の画像を見せてもらった。腫瘍に行く新生血管は残念ながらまだ元気であった。

 

2回目の動注療法を終え、腰の不快感は完全に消失、排便時の不快感も消失し体調はますますよくなった。私は癌毒素が減ってきているからと思っている。動注療法は点滴静注療法より高い有効性を発揮する。しかし、がんセンター、大学病院、その他の基幹病院では動注療法を行っていない。世間の人は不思議がると思うが、それには理由がある。動注療法は治験データを添えて厚生労働省に認可申請をしていないため、勤務医が動注療法をしたくても病院の薬剤審議委員会や倫理委員会で認められないからできないのだ。しかし数は少ないが病院によっては認めているところもある。

 

 

2018年12月

12月10日、3回目の抗がん剤動注療法を無事終えた。体調良いので最近のシカゴだよりをまとめてみた。

中村祐輔先生:キートルーダは進行膀胱癌の42%の人から癌を完全に消失させる高い有効性を持っている。日本でも使われ出したことはいいことだ。

日本が中国、台湾、韓国よりも癌治療後進国と言われる理由は最新のネオアンチゲン療法、CAR-T細胞療法の遅れである。周回遅れどころではなく、信じがたいほどの遅れだそうで、日本は完全に取り残されつつある。アジアの癌患者が日本に治療を受けに来るなど時代錯誤も甚だしい。日本の癌患者が中国に治療を受けに行く日は意外に早くやってくると中村先生は警鐘を鳴らしている。検査での送れもひどい。内視鏡で試験的に採取した癌を調べオブジーボやキートルーダが効くか効かないかを判定する検査(癌の遺伝子変異率TMBrate)は癌の一部を米国に送っている。検査料は100万円と高額だ。この検査が来春から日本でできるようになる。また、癌の一部を採るのではなく血液、尿、唾液などから癌の遺伝子変異率を調べるリキットバイオプシーも日本では検査できない。先進国に追いつくにはあと2~3年かかるだろう・・・と述べられている。

 

 

2019年1月元旦

 

 

癌友の皆さん、明けましておめでとうございます。

癌を忘れるほど心身ともに元気そのもの、日々快眠、快食、快便、ウォーキング、そして仕事とハウス農業を楽しんでいる。癌友の皆さんには私の闘病ブログから専門用語や薬の名前、最新の治療法に馴染んでいただければありがたい。門前の小僧お経を唱えるの話のように、素人でも癌治療に慣れ親しんでいると、いざ自分が治療法の選択に直面したとき参考になると思うので、今年も続闘病記大田浩右を続けるつもりでいる。

真冬でもぐんぐん伸びるブーゲンビリアは満開だ。

2019年1月7日

月曜日、坂出聖マルチン病院の西先生に内視鏡による膀胱癌切除術TURを受けた。病理組織所見は非浸潤腫瘍深達度は筋層に及ばないTa、リンパ管侵襲なし、静脈侵襲なし、悪性度はG2>G1の比較的低悪性度の癌であった。ただし、内視鏡ではわからない上皮内癌Cisについての記載はなかった。上皮内癌に対しては結核菌を膀胱内に入れるBCG療法がある。術後の睾丸の腫れや痛みは消失、血尿はなく体調は絶好調に近い。

 

2019年1月24日 

東広島の同期生山名君の計らいで中村祐輔先生と歓談しながらフグ料理を楽しんだ。先生はシカゴ大学を辞し、がんセンターに籍を置きながら内閣府参与として癌の検査治療について日本の世界的な遅れを取り戻すべく精力的に動いておられる。私の期待するネオアンチゲンワクチン療法は間もなく治療が始まる。ネオアチゲンに個別化したTリンパ球を培養し、患者の体に戻す画期的な治療も実用化が近づいているなど、癌患者にとって多くの朗報をいただいた。

 

2019年2月1日

私が出した年賀状を見て病理専門医である同期生から手紙をもらった。「年賀状に膀胱癌の病理組織像はG2>G1とのことですが、G1が混じっていることから転移再発というより尿路上皮癌にしばしばみられる異時多発と考えられます。6年前、あれだけ悪性度の高かった尿管癌が膀胱に転移して悪性度の低い癌を発症するとは考えられません。また出れば削ることです。」中村祐輔先生とほぼ似たような見立てであった。

 

※ 1月7日聖マルチン病院で摘出した膀胱癌の組織は遺伝子解析センターCPMに送っていた結果の詳しい内容を知りたい方は ⇒こちら

 

2月18日

膀胱内視鏡による腫瘍摘出術後の抗がん剤の動注療法を終えた。術後の化学療法のことをアジュバントと言い、術前の化学療法をネオアジュバントと言う。

 

ハウスに戻ると、3年目を迎えたコーヒーの実は赤く色づき収穫の時期が近づいている。

 

2019年3月1日

今日はワインで乾杯した亡妻の誕生日。この記念日に手術摘出標本の見直しを依頼していた同級生からの連絡で上皮内癌Cisの存在が確定した。ということは、いずれ結核菌を膀胱に注入するBCG療法をすることになる。BCG療法とは人為的に繰り返し結核菌による膀胱炎を起こし、膀胱の免疫活性を高め上皮内に潜伏している上皮内癌をたたく治療である。文献によると原始的な方法にもかかわらずその治療効果は高いとある。半年先に考えてみたいと思っている。BCG療法について専門的な詳しい情報を得たい人は ⇒こちら

 

2019年3月4日

昨年9月から半年に及んだ膀胱癌の治療は一応終了した。3月4日、通称セカンドルックと呼ばれる2回目の膀胱内視鏡手術を受けた。膀胱内は腫瘍の姿はかけらもなく、雲一つない晴天のようであった。

詳しくは ⇒こちら

 

2019年3月17日

昨年3月突然もらった手紙に驚いた友人のその後を心配していたが、体調も良いのでさくらに乗って久留米までお見舞いに行ってきた。よほどうれしかったのか1時間しゃべりっぱなし、痩せていたが元気だった。間に合ってよかった。

 



ハウス内は春爛漫、天国

半袖一枚で農作業。ピタンガは次々と色づき始めた。

自家製のソラマメで乾杯。

4月8日、実家の桜は満開、ステージ4の余命告知を受けてから6回目の桜。友達からしぶといと言われている。


4月11日 最近通勤途中に野生の鳥によく出会う。


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    lié M (水曜日, 24 10月 2018 09:02)

    こんにちは。
    先生に、8月から診ていただいているものです。
    9月の受診時に、先生は少しシンドそうでしたので、実は心配していました。(といっても、お会いするのは未だ2度目ですが・・)
    ほぼ元の生活に戻られたこと、ホッとしました。流石大田先生^^

    先生も放松、私も放松をこころがけます。
    ファンソンを鼻母音で発音すると、まるでフランス語みたいです。